2018年12月30日

新1st杮落しシリーズ[公募]

新1st杮落しシリーズ

[ごあいさつ]
弊社、有限会社ジャングルは、2000年10月より大阪日本橋5丁目にて、インディペンデントシアター1stを運営して参りましたが、先日発表させて頂きました通り、初代1stを2018年12月25日をもって閉館し、日本橋3丁目に新築移転にて新インディペンデントシアター1stを建設中です。
多くの観客と創り手の皆様に愛された初代インディペンデントシアター1stの歴史と空気感そして基本的な劇場スペックを引き継ぎ、さらにパワーアップした「ファースト(最初の)ステップの劇場なのにファースト(最上位)クラスの劇場」を目指して、現在最終の詰めを行っています。
4月末の竣工を予定しており、5月は行政機関の各種検査等と機材等のセットアップを行い、6月正式オープンとなっております。

嬉しい事に、新1stの新築移転発表時から、たくさんの方に「杮落しはどこがやるのか?」「是非杮落しに参加したい」との声を頂きました。
先日、初代1st最終イベント「Pとあなたと1stで」の最終枠「新しい1stの話を!」にて発表させて頂きました通り、杮落しは6月の1か月間を「新1st杮落しシリーズ」として公募から選考し、意欲ある劇団・創り手のみなさまに最初に新1stを使って頂きたいと考えています。(2004年、現2ndのオープン時も、杮落しシリーズの作品は公募にて決定しました。)
また「新1stの杮落しに参加したいがスケジュール的に長篇の上演はできない」という声にお応えし、6月より新1stで再開する劇場企画「火曜日のゲキジョウ」の6月分も杮落しシリーズの参加公演とし、通常の応募順では無く杮落し選考の対象とします。

インディペンデントシアターはそのスタートから、ジャンルやカテゴリー、経験や活動歴などで区切るのではなく、フラットにより多くの自立した意欲ある創り手に劇場を最高の創造空間として活用して欲しいと考えてきました。また観客の皆さまには、劇場でしか得る事の出来ない豊かな時間を味わって欲しいと熱望しています。
劇場からの指名では無く、自らの意志で新しい1stにいち早く立ちたいと挑む皆様と、新しい1stのスタートを切りたいと思っています。
たくさんの挑戦をお待ちしています!

インディペンデントシアター劇場プロデューサー:相内唯史


[概要]
企画名:新1st柿落としシリーズ
主催:インディペンデントシアター 及び 各参加団体
会場:in→dependent theatre 1st
    (大阪市浪速区日本橋3丁目)
日程:2018年5月30日(木)〜6月30日(日)
     ※ただし公演は6/1以降
上演数:通常公演4作品(予定)
    火曜日のゲキジョウ30×30、3週6枠(予定)


続きを読む
posted by アイウチ at 21:20| 大阪 ☀| Comment(0) | 劇場企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「新しい1stの話を!」レポート

初代1st最終イベント「Pとあなたと1stで」
最終枠「新しい1stの話を!」レポート


2018年12/13〜15に開催いたしました、初代1st最終イベントの最終枠において「新しい1stの話を!」と題しまして、新1stに関しての最新情報をご報告し、サプライズも含めた発表を行いましたので、こちらのレポートを掲載いたします。

最初に、この場をお借りいたしまして、最終イベントにご出演頂きました多数のゲストの皆様、ご来場頂きました観客並びに関係者の皆様に深く感謝申し上げます。本当に楽しい三日間でした!

なお、この基調講演wwの模様は、録画されておりましたので、一部オフレコトーク部分を編集カットし、掲載いたします。かなりの長尺になりますが、会場の盛り上がりが垣間見えますので、興味のある方は是非ご覧ください。
少々音声の同期が狂っていますがご愛嬌。



「新しい1stの話を!」はまず今回のイベントのタイトルの由来からスタート。画像は当日のスライドです。

PTA-1215.001.jpeg

「Pとあなたと1stで=PTA」は、劇場プロデューサー:アイウチPの敬愛するPerfumeの公式ファンクラブ「P.T.A.=Perfumeとあなた」を元ネタとして、そのリスペクトを、アイウチPから観客・関係者の皆さまへの感謝の気持ち、お客様の初代1stへの想いと重ね合わせて考案しオマージュを捧げたものだったのですww 引っ越し途中の架空の1stの応接室をイメージした舞台上のセットの一角にもPerfumeのCDジャケットが見えていました。

PTA-1215.002.jpeg

さて、基調講演はいよいよ本題へ

PTA-1215.004.jpeg

新1stの話の前に、まずは本日が最期となる初代1stの歴史を簡単に振り返りました。

PTA-1215.005.jpeg

そして、初代1stがどんな劇場かの概要

PTA-1215.006.jpeg

初代1stで開催された、劇場主催企画を紹介。まずはその先駆けとなり今は2ndや全国展開をしている最強の一人芝居フェス「INDEPENDENT」。元々は劇場プロデュース作品の第一弾として2001年11月に初代1stで開催されたのが最初でした。

PTA-1215.007.jpeg

続いて#2「cafe independent」。これは劇場シャッターを開放しその内側に舞台美術でショーウィンドウを設け、劇場内空間全てがオシャレカフェとなり、実際にカフェ営業されている中で芝居が展開する作品。客席と舞台の垣根を取り払い、劇場の外と中を繋げる企画でした。イベント内のトークでもしばしば話題になっていましたが、当時まだカフェ公演という概念が関西では無いタイミングだったため、非常に斬新に見えていたとの事です。

PTA-1215.008.jpeg

次は#5「極〜KIWAMI〜」。これは劇場空間全てが舞台美術によって武家屋敷風の和室に変貌し、中央の10畳間を舞台とし、それを挟む2部屋の10畳間が2面客席となり、その両サイドの廊下が俳優の当退場口となるプランの作品。9劇団3企画39日間60ステージ休演日無しのロングランという規模も話題となりました。イベントトーク中では、この公演で初めて1stに来場したというゲストや観客も沢山いました。

PTA-1215.009.jpeg

1stに限らず、劇場のコンセプトを改めて紹介。新1stも基本この方針に従って設計運用されていきます。

PTA-1215.010.jpeg

いよいよ、メインディッシュである「新しい1stの話」へ

PTA-1215.013.jpeg

まずは場所から。初代1stと2ndの位置関係。約300mの距離です。

PTA-1215.014.jpeg

そして新しい1stはココ!日本橋3丁目です。

PTA-1215.015.jpeg

数年前に建ったホテルヒラリーズの裏。大阪の人は良く知るなんば高島屋別館の南。親会社であるジャングルの本店に近く、道路を挟んで公園もあります。

PTA-1215.016.jpeg

最寄駅からの距離感で言うと、初代1stが最も近かった恵美須町駅から約500m、中間点が2ndになります。そして新たに近くなったのは南海なんば駅が約450m。隣接する地下鉄御堂筋線なんば駅からも500m弱かと思います。そして日本橋駅からは約600mと3駅からほぼ均等な距離になりました。1stと2nd間はさらに近くなりました。多少距離はありますが、ご近所の劇場としては應典院さんやウイングフィールドさんが徒歩圏内かと思います。
アイウチPが最も心配していたのが、この駅からの距離でした。何せ初代1stは恵美須町駅ホームの真上にある感じでしたから…。ですが観客や関係者の反応を見る限り、全然アリの様子。安心しました。

PTA-1215.017.jpeg

続いて、現在の工事現場の様子です。12/29現在はさらに進行していますが、基礎部分の工事が現在進行中。1月中旬から躯体の建設に入る予定です。

PTA-1215.018.jpeg

続いて、いよいよ新1stの姿が明らかに!1F劇場区画部分の建設図面です。舞台・客席ともに間口が広くなり、エントランス部分にトイレが設置されているのが分かります。トークイベントの中でもトイレがもっとあれば、本番中でも使えれば、と散々話題になったため、ここで観客から喝采が起こりますww

PTA-1215.019.jpeg

次は2F部分、初代1stと同じ構造で2Fにロビーと楽屋があります。ロビーはこれまでより少し狭くなりますが(といっても日本中のキャパ100以下の劇場では最大級の広さかと思います。)トイレが2室設置され、開場時間前でもトイレを使う事ができ、1Fトイレの混雑時には2Fも使う事ができるようになります。さらに楽屋にもトイレを設置!本番中は排水音の関係で使用できない可能性もありますが、利便性が圧倒的にあがります。このトイレの話題で再び喝采がww

PTA-1215.020.jpeg

さらに、観客は基本的に出入りしない区画になりますが、3Fの劇場事務所と稽古場兼倉庫も公開。なんと稽古場内にもトイレがww 稽古場は新1stを常設舞台で使用した場合の実寸が取れるサイズです。初代1stよりは簡易になりますが、キッチンも設置されているので、これまで通り公演時の炊き出しなどでも使用可能です。

PTA-1215.021.jpeg

では、外観はどのようになっているのでしょうか?これが劇場エントランスの有る側(西側)と劇場側面となる北側からみた立面図です。劇場区画を少しでも広く取るために2Fへの導線が建物の外階段となっています。横からみると客席側面の搬入シャッターも確認できますね。

PTA-1215.022.jpeg

建築図面だと少しわかりにくいので、相内Pが建設業者に指示を出すために引いた設計段階の図面で確認。イメージが湧いたでしょうか?

PTA-1215.023.jpeg

サイズ感を確認するために、ここに初代1stの図面を重ねてみます。建物としての間口は大体一緒で、奥行きが少し狭くなっている感じです。間口が広まった分に合わせて舞台と客席の間口を広げ、建物内から階段を外へ押し出す事で、奥行きが狭くなった分を補おうという工夫の設計です。

PTA-1215.024.jpeg

同じく、その2Fバージョン。家具等のレイアウトは仮ですが、おおよそ初代1stと同じ設備は入り、トイレが設置された分だけ少しだけ狭くなる印象です。

PTA-1215.025.jpeg

それでは、これまで図面で明らかになった部分に加え、新1stの改善点を列挙していきます。
まずは先ほどから喝采を浴びているトイレ。合計6か所となりこれまでの2か所から300%アップ!さらにウォシュレット完備!1Fエントランスの1つは車椅子対応の少し大きなサイズを予定しています。
次に、トークイベントでも何度も話題になった老朽化で音のうるさいエアコン。新品なので静かで良く効き、体感イメージとしては400%アップww
常設舞台の広さは約180%アップ!さらに袖の広さや位置を自由に設定できるため自由度が増しています。
バトン・及び天井の高さもアップします。しかし火曜日のゲキジョウに代表されるようなノリウチの公演などシンプルに使う場合や、学生劇団など技術力に不安のある団体も使用しやすいように、脚立で充分作業できる高さまでにあえて抑えています。バトンまで3500mm予定で140%アップ!

PTA-1215.026.jpeg

続いてこちらもトークイベントで何度も話題になった、照明専用電源の不足。機材数の多いエンタメ作品などでは、リハーサル中や時には本番にも照明さんがブレーカーを落とす様子が見られました。初代1stは既に建物全体の電源容量の最大まで使い切っていたため増設できませんでしたが、今回の新築では計画的に照明専用電源を確保し約300%アップ予定。空間の広さを考えればオーバースペックな位です。
照明機材は、新築とはいえ全て新品にするような予算は無いため、従来の機材がそのまま引き継がれますが、新しい機材も買い足され、標準機材・オプション機材を合わせて約50%ほど機材が増えます。
音響は、新築である程度の防音を最初から見越しているので、これまでよりも出力の大きなメインスピーカーにアップグレードを予定しています。出力W数の目安で約300%アップ!
照明DMX回線や音響回線、LED機材などの平行電源を含め、各種回線を使用しやすいバトン上に既設し、これまで都度回線を引く必要があったことから考えると約200%の利便性アップ!
さらに、既存施設ではなく新築なので、当初からコンセント位置などを使用しやすい位置に設置し、容量のバランスなども図れるため使い勝手の面で約200%アップ!

PTA-1215.028.jpeg

このように、多数の大幅な改善をおこなった上で、その劇場費は初代1stの10%アップに抑え込みました!しかも実際には、2019年10月の消費税増税時にそれを含んだ形での10%アップのため、実質的には8%アップ!これが企業努力です!!

PTA-1215.030.jpeg

2019年7月以降のご予約は今すぐ可能です!劇場仕様が確定する前から既に10件弱のご予約を頂いています。
ですが、新1stのオープンは6月と既に発表されています…

PTA-1215.033.jpeg

2019年6月の1か月間は、「新1st杮落としシリーズ」を開催いたします。ラインナップは公募から選考して決定します。
12/29に応募要項を発表し、2019年1月末が締切となります。年末年始の間に計画を練って是非杮落しにチャレンジして下さい。

PTA-1215.034.jpeg

以上「新しい1stの話を」でした…。と基調講演を締めようとするアイウチP…。

PTA-1215.035.jpeg

「忘れていました…。もう一つ発表しなくてはいけない事がありました。」画面にはあの「One more thing...」の文字が!笑いに包まれる客席!
そう、これまでの中身はもちろん本物ですが、アイウチPなりのジョブズのキーノートスピーチへのオマージュだったのですww タートルネックもKeynoteの壁紙も!

PTA-1215.036.jpeg

我々は、1st以外にもう1劇場、2ndも運営しています。映し出される2ndの概要。

PTA-1215.037.jpeg

残念ですが、2ndは2020年7月に、契約満了で閉館します。これは、もともと2004年のオープン時から決まっていた事でした。残り1年半是非今の2ndを使い倒して欲しいと思います。客席からはどよめきが…。しかし次の瞬間!

PTA-1215.039.jpeg

映し出される「2020年新築移転オープン」の文字!溜息から一転、歓声が上がる客席ww 今回の1st移転の為に検討していた物件と新1stの新築決定後に話がまとまり、既にその土地を取得。もちろん日本橋エリアです。新1stの工事の進捗と共に、新2ndの設計が間も無く開始されます。

PTA-1215.041.jpeg

客席の興奮冷めやらぬ中、基調講演はこれにて終了。日本で一番アグレッシブな劇場のさらなる挑戦にご期待下さい!

この基調講演後、トークイベントの中身で話題になっていた、袖楽屋の急な階段や、観客から見えないので塗る必要が無いと判断された、天井梁の塗り残し、お客様はほぼ見た事の無い4Fの小スタジオ(一人芝居の稽古や読みあわせ、打合せなどに使われていた空間)、などをお客様たちに関係者がご案内し、それぞれが初代1stとのお別れを惜しんで全イベント終了となりました。

以上、長文となりましたが「新しい1stの話を!」レポートでした。
ネタっぽく書いていますが、この基調講演及びレポートの内容は全て事実です。

posted by アイウチ at 18:48| 大阪 ☀| Comment(0) | 劇場企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

初代1st最終イベント「PTA」

pta-logo.jpg

2000年10月から長らく皆様にご愛顧いただきました現インディペンデントシアター1stが、2018年12月末をもって閉館いたします。
先日閉館と同時に発表させていただきましたように、二代目1stを現在建設中ではありますが、歴史と思い出の詰まった今の1stとはお別れとなります。そこで、劇場の最後をお客様・劇場利用者のみなさまと楽しくわいわいと過ごしたいと思います。

舞台上はインディペンデントシアター1stの応接室(本当はそんな部屋はありませんww)、移転準備に追われる劇場のアイウチPはちょっと休憩中。そこに尋ねて来る人々。お茶や時間によってはお酒とゲストの差し入れやお土産をつまみながら、1stや公演の思い出話や失敗談、今だからできる裏話、そしてこれからの事などと話が弾んで・・・。

要約すると、1stの舞台上で「さ○まのまんま」をやります。ホストのさ○まさん役は、唯一1stの全てを知る劇場プロデューサーアイウチP。小劇場の劇団や俳優、作演出、時にはスタッフまでが、ゲストとして登場し、1stの思い出話に花を咲かせます。公開収録の体なので、たまにお客様にも話題を振りますよ!観客参加型でお楽しみ下さい。さて、どんなゲストが登壇しどんな話が飛び出すでしょうか?
オフィシャルゲストだけで24名!総トーク時間13時間!インディペンデントシアター1stは最期までトガります!

日時:2018年12月13日(木)〜15日(土)
   12/13(木)19:00〜22:00
   12/14(金)19:00〜22:00
   12/15(土)13:00〜20:00

・各日初回30分前受付開場開始といたします。
・1プログラムは約1時間、1時間ごとにゲストが交代いたします。

料金:無料(入退場自由カンパ制)
・皆様からのカンパで新劇場で役立つ備品(客席やロビー用)を購入予定
予約:なし(来場先着順自由席)

ホスト:相内唯史(インディペンデントシアター劇場プロデューサー)
ゲスト:※敬称略
[12/13(木)]
●19:00〜/上杉逸平(メガネニカナウ) 黒澤世莉(観劇三昧、元時間堂)
●20:00〜/吉永美和子(演劇ライター)
●21:00〜/勝山修平(彗星マジック) 森下淳士(劇団ころがる石)
[12/14(金)]
●19:00〜/谷屋俊輔(ステージタイガー) 木下健(短冊ストライプ)
●20:00〜/上田ダイゴ(マーべリックコア) 中川浩六(三等フランソワーズ)
●21:00〜/西川さやか&上原日呂(月曜劇団)
[12/15(土)]
●13:00〜/坂口修一 中西邦子(劇団925)
●14:00〜/有元はるか&二朗松田(カヨコの大発明) 田川徳子
●15:00〜/青木道弘(ArtistUnitイカスケ) 片岡百萬両(片岡自動車工業)
●16:00〜/谷賢一(DULL-COLORED POP)
●17:00〜/売込隊ビーム(梅本真里恵、山田かつろう、菊地秀之、ほか)
●18:00〜/石井テル子&泥谷将(Micro To Macro) 魔人ハンターミツルギ(超人予備校)
●19:00〜/相内唯史:エンドトーク「新しい1stの話を!」


お陰様で多数のゲスト出演希望を頂き、全ての枠がゲスト在りとなり、初回の「クリスマスの約束」のようにアイウチPが一人で延々しゃべり続ける回は回避となりましたww 逆にゲスト希望が多すぎて、参加表明の遅かった方にはオフィシャルにはご出演無しとなりましたが、演劇人の方に限りましては、当日客席からの乱入も可といたします。(空気は読んで下さいね)ですので、全ての枠が上記出演者「and more...」という感じになります。お客様もゲスト以外にどんな人がやって来るかお楽しみに!

[ご注意とお願い]
・劇場内で飲食可。ただし汚したりこぼしたりにはご注意下さい。また匂いのキツイ食べ物などは、他のお客様にご配慮下さい。
・ロビーも開放いたします。当方でアルコールを含めたドリンクも販売しますが持込も自由です。飲みすぎ注意!
・お客様は出入り自由となります。万一満席となった場合はお立見となる可能性がございます。また出入り自由ですが、お席を確保して劇場を出るのはご遠慮頂き、お席をお待ちのお客様にお譲り下さい。
・今、ここでしか出来ないキワドイ話なんかが沢山でることでしょう。Twitterなどへの書き込みは大人の対応でお願いいたします。
・ご来場できないお客様・演劇人の方のために、映像配信を検討していますが、実際に出来るかは未定ですので、あしからずご了承下さい。
・色々至らぬ点もあるかもしれませんが、移転のバタバタの中での無料イベントですので、笑って許して下さい!ただ、きっと面白いです!

posted by アイウチ at 21:40| 大阪 ☀| Comment(0) | 劇場企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

新1stはどこだクイズ?!

先日、新築移転を発表したインディペンデントシアター1stですが、「その場所ってどこなん?」とお客様や演劇人の皆様から聞かれます。
場所に関してはもちろん確定していますが、発表しておりません。
何故か?
そう、この為です!
(嘘です、大人の事情ですww)

「新1stはどこだクイズ?!」を開催いたします。

新しい1stの移転先がどこか、ヒントを参考に想像して、その場所の写メを添付し、ハッシュタグを添えて呟いてください。
初代1st最終イベント『Pとあなたと1stで』12/15の最後のトークコーナーで、新1stの現時点での詳細を紹介する企画があるので、そこで答えを発表いたします。
正解者と一番面白い珍解答を出してくれた方に何かプレゼントいたします。(プレゼントの内容はあまり期待しないで下さいww)

○新1stの場所のヒント○
・大体今の1stと同じくらいのサイズ。敷地面積は少しだけ狭くなるかな?
・2ndよりも少し北側
・恵美須町駅から少し遠くなり、なんばと日本橋が近くなります。
・既に更地か、まだ物件が建ってるかはヒントになり過ぎるので秘密

○応募のルール○
・参加したい方は、Twitterで投稿して下さい。他のSNSはNGです。
・投稿時には、必ずハッシュタグ「#新1stはココだ」をつけて下さい。
・想像した答えの場所を写真に撮って、呟きに添付して下さい。
・答えの理由を簡単な文章で(1ツイートに収まるように)記載して下さい。
・関係者で既に情報を掴んでいる方の投稿は無効とさせて頂きます。
・ルールは一緒ですが、応募は2パターン。ガチで当てに行くか、大喜利で面白い答えを出すか。
・一人投稿は2回まで、ガチ×2、大喜利×2、ガチ&大喜利の3パターン以内で。(もちろん1点推し可)
・建物の写真を撮る時はご自身の安全や、無関係のものの映り込みなどに気を付けて下さいね。
締め切りは12/14(金)24:00まで。1stや2ndにお越しの前後に探してみて下さい!

※投稿サンプル
test.jpg

くだらないお遊びですが、あまりないチャンスなので、楽しんで沢山のご応募をお待ちしております。
特に演劇界隈の大喜利ストの皆さん期待しています!!

posted by アイウチ at 23:12| 大阪 | Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

IN:18 関連リンク

corich.jpg

「INDEPENDENT:18」11/22-25

[公式サイト]タイムスケジュールや公演詳細など
https://independent-fes.com/
[チケット予約]
●自由席● こりっちチケット
https://ticket.corich.jp/apply/95296/
●指定席● ライトアイ
https://www.righteye.jp/tickets
●予約の方法や座席の種類など●
https://independent-fes.com/ticket.html
[ブログ](最新情報)
http://i-theatre.seesaa.net/
・INDEPENDENT:18 DJラインナップ発表
・INDEPENDENT:18 限定Tシャツ予約販売
・INDEPENDENT:CreatorsCAMP 2018 参加募集
posted by アイウチ at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | INDEPENDENT:18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

初代1st最終イベントゲスト募集

初代インディペンデントシアター1st最終イベント
「Pとあなたと1stで(仮)」


2000年10月から長らく皆様にご愛顧いただきました現インディペンデントシアター1stが、2018年12月末をもって閉館いたします。
先日閉館と同時に発表させていただきましたように、二代目1stを現在建設中ではありますが、歴史と思い出の詰まった今の1stとはお別れとなります。そこで、劇場の最後をお客様・劇場利用者のみなさまと楽しくわいわいと過ごしたいと思います。

舞台上はインディペンデントシアター1stの応接室(本当はそんな部屋はありませんww)、移転準備に追われる劇場のアイウチPはちょっと休憩中。そこに尋ねて来る人々。お茶や時間によってはお酒とゲストの差し入れやお土産をつまみながら、1stや公演の思い出話や失敗談、今だからできる裏話、そしてこれからの事などと話が弾んで・・・。

要約すると、1stの舞台上で「さ○まのまんま」をやります。ホストのさ○まさん役は、唯一1stの全てを知る劇場プロデューサーアイウチP。小劇場の劇団や俳優、作演出、時にはスタッフまでが、ゲストとして登場し、1stの思い出話に花を咲かせます。公開収録の体なので、たまにお客様にも話題を振りますよ!観客参加型でお楽しみ下さい。さて、どんなゲストが登壇しどんな話が飛び出すでしょうか?

ゲストは、こちらからもお声掛けいたしますが、お忙しい時期ですし、1stへの思い入れも我々劇場スタッフとはまた別の深さをお持ちの方もいるだろうと考え、基本的に立候補制とします。
是非、出演したい、1stの思い出話をしたい、あるいは聞き出したいという方は以下のフォームからご応募下さい。(登壇ゲストは演劇の創り手の方に限らせて頂きます。)
http://urx2.nu/NJfM

どの位希望者がいるかわからないので、全員に出演していただくのは難しいかもしれませんが、なるべくたくさんの方とこの時間を楽しみたいと思います。
締め切りは、12月4日(火)18:00(ただし皆様のスケジュール調整もあるかと思いますので11/28までにご応募いただいている分から順次調整を開始させていただきます。)

※出演希望者が居なかった場合、初回の「クリスマスの約束」のようにアイウチPが一人で延々しゃべり続けるイベントになる可能性がありますww(気になる方はググって下さい) みなさん自分はあんまり1stに立ってないからとか、もっとふさわしい人が居るだろうからなどと尻込みせずに積極的にご応募下さい。

日時:2018年12月13日(木)〜15日(土)
   12/13(木)19:00〜22:00 予定
   12/14(金)19:00〜22:00 予定
   12/15(土)13:00〜20:00 予定

・1プログラムは約1時間、1時間ごとにゲストが交代いたします。
・時間ごとのゲストは後日発表!

料金:無料(入退場自由カンパ制):皆様からのカンパで新劇場で役立つ備品(客席やロビー用)を購入予定

※劇場内で飲食可。ただし汚したりこぼしたりにはご注意下さい。また匂いのキツイ食べ物などは、他のお客様にご配慮下さい。
※ロビーも開放いたします。アルコールを含めたドリンクを販売いたします。飲みすぎ注意!
※ゲスト以外に、アシスタントもゆるく募集いたします。(まんまちゃんポジションです。ゲストに飲み物を出したり、ゲストが居ない時間にアイウチの相手をして頂きます。着ぐるみではありませんww顔出しです。)アシスタントの方に興味のある方は、劇場公式メールかアイウチP宛に直接お問い合わせ下さい。
※なお、劇場恒例の「インディペンデントシアター大忘年会」は、例年の12/28ではなく、今年は12/15のこのイベント終了後から、最後の1stで行います。ゲストやご来場の創り手の皆様は是非ご出席下さい!

posted by アイウチ at 21:31| 大阪 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

DJラインナップ18

in18-logo.jpg

INDEPENDENTの空間を影で盛り上げるのがDJ。
寒い冬も熱くするDJラインナップをご紹介いたします!

GUEST■BGY:11/22(木)
[メインジャンル:歌謡曲・POPS]
初日木曜の恒例ゲストBGYが帰ってきた!昭和の歌謡曲やいったいどこから見つけて来たのか全く不明な不思議音源を駆使したツボな選曲が魅力。INDEPENDENTのゲストDJとして毎年耳を楽しませてくれる!

GUEST■DJ Takejun:11/23(金)
[メインジャンル:ALL-ROUND]
2016年に東海地域版TSUから招聘されINDEPENDENT:16に参戦、今年10月には空宙空地への客演で2ndに立った名古屋の俳優、竹田淳哉(妄烈キネマレコード)が2017年に続き今年もDJとして参戦!熱いプレイに期待!

GUEST■DJ Showlu:11/24(土)
[メインジャンル:ALL-ROUND]
INDEPENDENT最多参戦DJが今年も駆けつける、予定…。(お仕事の状況によります。一部参戦となりDJ T.A.にシフトする場合があります。) DJ Showluが今年もゴリゴリにフロアを盛り上げます。

RESIDENT■DJ T.A.:11/25(日)
[メインジャンル:HOUSE / ELECTRO]
レジデントDJは、INDEPENDENTの宣美と映像も手がけるDJ T.A.が登場。オシャレHOUSEやELECTROにひっそりとPerfumeやアイドルソングをクールに混ぜ込み、遊び心満点でお届けします!

開場時間、ブロック間インターバル、そして終演後の客席をDJが暖めます。
ぜひ耳でもINDEPENDENTをお楽しみ下さい。気分がのったらDJブース前のフロアで踊っちゃってもOKですよ!
DJにも注目してお楽しみ下さい。

posted by アイウチ at 21:57| 大阪 ☀| Comment(0) | INDEPENDENT:18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

1stに関して大事なお知らせ

現在のインディペンデントシアター1stは、2018年12月末をもちまして閉館いたします。18年に渡るご愛顧、ご来場、ご利用を心より感謝いたします。
そして、インディペンデントシアター1stは、2019年初夏に、完全新築にて移転再オープンいたします。

●現1st:〜2018年12月末、公演は12月中旬まで
●新1st:近日建設開始、2019年6月稼働開始予定


●新1stについて現在お伝えできる事
・基本は現1stのスペック・機能を引き継いだ劇場
・名称はin→dependent theatre 1stのまま、ロゴデザインだけ一部変更予定
・標準舞台が間口奥行とも今より少し広くなる
・タッパ(バトンまでの高さ)が現在よりも少し高くなる
・舞台面がかなり観やすくなるが客席数が少し減る
・1F劇場、2Fロビー&楽屋、3F劇場事務所&稽古場兼倉庫の3F建て
・トイレがエントランスとロビーに配置され男女別、開場前使用可能に
・恵美須町駅から少し遠くなり、日本橋駅と南海なんば駅はかなり近くなる
・従来の賃貸ではなく、土地から購入し建物を建て運用する完全新築の自社物件
・用地取得が完了し、建築申請が最終段階で近日着工
・キャパ100以下では、日本最上級の使い勝手を目指す
・稼働開始が確実な7月以降の公演はご予約可能です
・稼働開始タイミングとなる6月の利用は応相談となります
・「火曜日のゲキジョウ」6thシーズンは、2月開始を延期し6月開始とします

以上、重要なことを箇条書きいたしました。
以下、長くなりますが閉館に至る経緯や、これまでの流れ、新しい1stへの想いなどを綴りたいと思います。ご興味ございましたら是非お読みください。

インディペンデントシアター1stは、2000年2月27日のイベントフロアとしてのオープンからは6876日(18年9か月28日間)。同年10月14日の劇場こけら落としからだと6646日(18年2か月11日間)の歴史を刻んで閉館をむかえます。正直建物や施設の老朽化も進んでいましたので、20周年目途の移転を目指してそろそろリサーチをというタイミングでした。
インディペンデントシアターは「ハードである劇場としては最低20年は続かないと恥ずかしくてお祝いなんて出来ない」という僕の考えの元にこれまで一切周年記念事業をして来ませんでした。何とかこの場所で20周年のお祝いをしたかったのですが、残念です。

閉館の経緯ですが、経営状況などの理由ではなく(とはいえ決して経営状況が良いわけではないのですがww)、土地および建物の所有者が、物件を売却する為です。現在日本中が、インバウンド及びオリンピック需要により、土地の売買や建設ラッシュが続いています。我々には関係ないと思われていたこの流れに完全に飲み込まれました。(ここ数年で1st近郊の色々な建物が建て替わっているのを劇場に良くお越しの皆さんならお気づきかと思います。)

昨年の秋、急にこの話が持ち上がり、当初2018年初頭までに退去せよとの要求がありましたが、既にご予約完了している2018年内の公演を完遂すべく、弊社顧問弁護士にも協力頂き、粘り強い交渉を続け、度重なるピンチをスレスレでかわしきって、何とか2018年末までの営業を確保いたしました。(昨年12月〜今年1月にかけてはマジでヤバい状況でした。年末年始にかけての劇場のいくつかの変化にお気づきの方は、察して下さいww)
退去の話が持ち上がったタイミングより、移転継続の方針で、物件を探して来ましたが、サイズや建築年数、設備、立地、費用、興行場申請、消防申請、等全ての条件をクリアできる物件を見つけることは極めて困難でした。候補となった物件では、すぐに改装して劇場化することが可能かを検証する仮図面を作成しました。僕が引いた仮図面の数は十数枚に及びます…。
そうして時間と労力をかけながらも、求める物件に至る事は出来ず、このまま1stは閉館に終わってしまうかという状況の中で、弊社社長よりまさかのプランが浮上しました。

「既存物件でどうしても条件に合わないのであれば、ゼロから条件に合う劇場を新築してしまうしか無いのではないか?」
確かにその通りですが、改装どころではない莫大な費用とリスクを負う事になります。
ここで、事情をご存じない方に簡単に説明すると、インディペンデントシアターは、有限会社ジャングルという演劇とは別業種の法人が経営しており、劇場プロデューサーの僕は、社員としてその運営を一任されています。「当社事業に関わるコンテンツ開発を将来的に担う可能性のある次代のクリエイターを支援する」というコンセプトの元に2000年から順次立ち上げられた複数の新規事業のうちの一つがイベントフロア運営⇒劇場運営なのです。(他にはイベント製作や映画製作、造形部門、浪速区のご当地ヒーロー「ゼロス」などがあります。)
劇場運営は、その中でも最も古く、採算性に乏しいながらも稼働(収入)が安定していて、他の新規事業の活動基盤になるという要素もあり、これまで存続して来られました。正直劇場の帳簿をつけている身としては、いつ事業が打ち切られるか…。と何度も思いながら18年ここまで乗り越えて来ました。
今回の移転は、その中でも過去最大のピンチでしたので、覚悟を決めて挑んでいた中での、まさかの新築プラン。「日本で一番アグレッシブな劇場」はオーナー社長もアグレッシブですww

正直、会社としては1stを失う事に大きなデメリットは無い状況です。連携している弊社イベント製作部が使用するのは2ndで、1stサイズの採算を取りづらい劇場を継続するメリットは薄いのです。それでも1stの新築にGOが出たのは、1stのようなスタートアップの劇場でしっかりと種蒔きをして創り手を育てる環境の重要性を理解して貰えているからだと思います。
さらには、お店や劇場を愛してくれるお客様(観客と利用者)の気持ちに応えたいという想い。何より、自分たちに落ち度のない理不尽な理由で場を失うことへの抵抗です。部門に関係なく、弊社は反骨精神とチャレンジ精神に満ちています。

最初にご説明した通り、土地売買・建築ラッシュで、地価も確実に上がってきている中、恵美須町ではある意味これが新築するとしても最初で最後のチャンスと思われました。新築に舵を切っても、1stを再現する土地を確保するのは至難の業でしたが、意外にも協力者が現れました。
当初、既に立っている物件を改装して劇場化するプランで相談していたとある物件オーナーが、「改装が条件に合わないのであれば、隣接する別の土地を売るので新築するのはどうか」と申し出てくれたのです。
現状の1stとは土地の広さや形状から構造が少し変わる部分があることなど、幾つかの問題はありましたが、これまでで最良の条件が整い、そこに新築することに決定しました。
その後も、融資や契約、土地登記の手続き、設計や建築図面の作成、建築申請など、さまざまな手続きやトラブルが目白押しだったのですが、それはまた別のお話…。
とにかく昨年秋から本日この発表をするまで、怒涛のような展開がありました。

新1stは、用地取得が完了し建築確認申請の最終段階(建設局より一部修正要求が出て修正再申請済み認可待ち)で、近々建設工事が始まる予定です。当初8月には着工し1月末からの運用を目標としていましたが、土地の登記や確認申請などの事務処理に予定以上の時間がかかり、また建設ラッシュやこのところの災害復旧による建設資材や工事事業者の確保に苦戦し、大幅に工期が延びる事となり、現1stから新1stへのシームレスな移転とはならないことが残念です。(これによって、ご利用のご希望をお断りせざる負えなかった案件がいくつかあり大変残念です。)

オフレコという形でしか、ご説明ご相談出来ない状況に胸を痛めながら、ポーカーフェイスにここまで進めて来ました。現1stを閉じる準備をしながら、新しい1stの建設準備を進め、いつも通りに劇場は運営し、最強の一人芝居フェス「INDEPENDENT」では、海外初進出という大事業も並行して動かしました。その間、某カンパニーの照明プランオペや舞台監督などスタッフワークの仕事も例年以上の数をこなし、まだ完遂はしていませんが、この1年の働きは、本当に自分で自分を褒めてあげたいと思います。そういえばリアルに厄年でしたww

それにしてもこれまで既存物件の改修という形で2軒も劇場を造り、まさかここに来て新築で劇場を建設する機会に恵まれるとは思ってもみませんでした…。人生何があるかわかりませんね。この流れでもう一軒くらい建てられないかなww

新1stは、新築とはいっても、土地の広さや予算などの条件から何もかもが自由な訳ではありません。そんな中で可能な限り最良の基本設計をしたつもりです。
新築が決定した時に次の1stに向けてイメージしたのは、今の1stがここまで続けてこられた理由です。それはもちろん使ってくれる劇団や創り手がいるからですが、何故1stを求める声があるのか?使用料金が安いから?駅からの利便性が良いから?
いろいろあるでしょうが、実は完璧ではないから=ちょっと使いづらいからじゃないでしょうか?決して広く無い舞台、絶妙に低いタッパww 片一方にしかない舞台袖。舞台前のトイレ。まだまだあるなww 書いていてどんどん出てくる欠点の数々。でもそれらが致命的ではなく、使う側の工夫や活かし方でこの空間を楽しめたからこそ1stを使いたいと思ってくれたのでは無いでしょうか?
なので、新1stも完璧な劇場を目指してはいません。というか目指せません。
しかし創り手・スタッフ、そしてお客様の側に立った色々な小さな工夫で、キャパ100以下では日本で最も使い勝手の良い劇場と言われるような劇場を目指して、ここから最後の詰めをしていきます。
「ファースト(最初の)ステップの劇場なのにファースト(最上位)クラスの劇場」これが目指す新しい1stのコンセプトです。

最後に、現1stの閉館発表がこのタイミングまで遅くなってしまいました事をお詫び申し上げます。
劇場運営側としては、新しい1stの目途が完全について、閉館と新築移転を同時に発表できなければ、閉館というマイナス要素だけが注目され、今後の劇場経営や2ndへの影響が大きく、体制が整うまで発表に踏み切れませんでした。

既に、現1stでの最後の公演が終わってしまい、もう一度使いたかった、もう一度1stに立ちたかった、最後ならば1stであの作品を観ておきたかったという、創り手や観客の皆さまの声に応えられない事を申し訳なく思います。
本日以降に1stで上演される作品は、火曜日のゲキジョウが1週2作品、通常公演があと7本となります。
現1stでの最後の演劇公演は、iPpei「メガネニカナウ4」(11/27〜12/3)となります。
その後、移転に伴う引っ越し準備を進め、最終演目としては、12/13(木)〜15(土)に1stの歴史と思い出を振り返る少し手の込んだトークイベントを開催予定です。
悲しいイベントではなくめっちゃ楽しい、次に繋がる、盛り上がるイベントにしたいと計画しています。(詳細は今後の続報をお待ちください。1stにゆかりのある沢山のゲストもお招きしたいと思っています。)
是非最後まで多くのお客様にご来場頂き、現1stでの思い出を沢山作って頂ければと思います。
今後の新しい1stの情報にもご注目下さい。

「日本で一番アグレッシブな劇場=インディペンデントシアター」の新たな挑戦が始まります!
皆様のご理解とご協力、かわらぬご愛顧を切に願います。
まずは、この宣戦布告をTwitterやSNSで日本中に拡散して頂ければと思います。

インディペンデントシアター劇場プロデューサー:相内唯史


posted by アイウチ at 22:00| 大阪 ☁| Comment(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

IN:18 Tシャツ予約販売

in18-t1.jpg


INDEPENDENTにて、スタッフが着用し関係者ノベルティとして製作されているTシャツ。
よく俳優さんが稽古着として着てブログに写っていたり、スタッフさんが他の公演現場などで着ていて、お客様も目にする事の多いこのINDEPENDENT:Tシャツ。
INDEPENDENTは11月末の為、あまり売れ行きが良くない&在庫が毎年増える…。などの理由で一時販売を中止していましたが、「売っていたら欲しいのに…。」「観に行った記念になる」「ライブや音楽フェスのTシャツみたいでイイ」というご意見をチラホラ頂き、2015年に予約限定販売を実施したところ好評につき、それ以来予約販売しています。

in18-t2.jpg

[商品概要]
【価格】1枚2,000円
【サイズ】S / M / L / XL
【カラー】ブラック(黒)
【ボディ】ユナイテッドアスレ5.6oz半袖Tシャツ
【素材】綿100%
【プリント】ラバープリント2色刷/バック(背中)のみ
Sサイズ:身幅49cm/着丈65cm/肩幅42cm/袖丈19cm
Mサイズ:身幅52cm/着丈69cm/肩幅46cm/袖丈20cm
Lサイズ:身幅55cm/着丈73cm/肩幅50cm/袖丈22cm
XLサイズ:身幅58cm/着丈77cm/肩幅54cm/袖丈24cm
※サイズ表記は概寸です。(cm)


[注意事項]
●Tシャツボディは定番商品ながら細かくリニューアルされるのでサイズに多少誤差がございます。
●予約限定販売です。当日会場での一般販売はごく少量(数枚)です。
●確実に欲しい場合はこの予約販売でご注文下さい。
●ご予約頂き、商品は当日会場にて代金とお引き換えにお渡しいたします。
●後日の発送等はいたしません。ご来場予定の方のみご予約下さい。

[予約方法]
以下の必要事項を明記し、件名「IN18・Tシャツ予約」にてメールでご予約下さい。
(1)お名前(フリガナ)
(2)ご連絡先電話番号
(3)サイズと枚数 (例:Sサイズ1枚とMサイズ2枚)
(4)ご来場予定日時(観劇ブロック)
こちらからの返信をもって予約完了といたします。(通常24時間以内にご返信いたしますが、返信が無い場合はお問い合わせ下さい。)
■■予約メールを送る■■

予約受付:10/15(月)15:00〜10/27(土)18:00

posted by アイウチ at 13:50| 大阪 ☁| Comment(0) | INDEPENDENT:18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

INDEPENDENT:CC2018

「INDEPENDENT:CreatorsCAMP 2018」

全国に通用する一人芝居を創りたい!というあなた。
もっと観客も創り手もワクワクする演劇祭を創りたい!というあなた。
そのヒミツ、盗みにきませんか…


2001年から毎年11月末に大阪インディペンデントシアターを拠点として開催されている、最強の一人芝居フェスティバル「INDEPENDENT」。
18年以上継続開催され、450作品以上を産み出し、国内7地域でもフェスを定期開催し、さらには遂に海外にまでその拡大が始まった、フェスの本拠地=大阪。全国の多様で優れた一人芝居が集まってくる、まさに一人芝居の聖地。

この「INDEPENDENT」の裏側を大公開しちゃいます。
「INDEPENDENT」がここまで継続し、大きくなってきたのは、とにかく創り手を大切にし、作品のオリジナリティとクオリティ、そしてお客様を楽しませる気持ちにこだわり続けてきたから。

・演者が安心して芝居に集中でき、観客がくつろぎつつも作品に集中できる空間を生み出す仕込み。
・作品の詰めの部分で限界まで挑戦する演出家と、それを支える専属テクニカルスタッフ(INDEPENDENT CreativeTeam)の熱いリハーサル。
・それぞれが自信作を持ち寄って参戦し、お互いの作品を観て認め合っていく交流の場。
・観客同士や、創り手が熱く語りあう劇場ロビー。
・最終日、バラバラに集まってきた作品たちが、バトンを繋いで迎えるフェスのフィナーレ。
・仕事には集中しつつも、休憩は思い思いにくつろぐテクニカルスタッフたちのオンとオフ。
・フェス自体を楽しみながら参戦する演者とスタッフたち。
・フェスを観に来た関西圏外の人との思わぬ出会い・再会や交流。
・芝居だけじゃない、フェスの時間をワクワクしながら楽しめる時間と空間。
etc…


パッと思いつくだけでも、INDEPENDENTの現場には、面白い作品を生み出し、それを観客に楽しんでもらおうとするヒミツと工夫があふれています。
所謂ワークショップのように「教わる」「学ぶ」のじゃなく、実際にその現場に飛び込んで体験し自分のものにする(盗む)、そんな場を提供するのが「INDEPENDENT:CreatorsCAMP」です。

必要なのは、やる気と情熱、そして会場であるインディペンデントシアターまでの交通費。
「INDEPENDENT」は寝床とヒミツを盗むチャンス、そしてたくさんの志を持った演劇人との出逢いの場を提供します。
他地域からのカンパニーを多数受け入れているインディペンデントシアターの特性を生かした滞在型ワークショップ企画。是非ふるってご参加下さい。

続きを読む
posted by アイウチ at 22:32| 大阪 ☔| Comment(0) | INDEPENDENT:18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする