2017年09月18日

機材更新・拡張のお知らせ

7月〜9月にかけて、1stと2ndの機材周りを一部更新・拡張し、使い勝手を向上させましたのでご報告いたします。今後お使いになる方は是非ご確認ください。

[1st]
●サブスピーカー:変更
旧)BOSE 101MM:2台
新)ClassicPro CS104:2台

経年劣化で音質の損なわれたBOSE101MMを引退させ、同等スペックのClassicPro CS104を導入しました。
●オプション灯体:追加
新)丸茂DF:4台追加 (計15台)
新)丸茂T1:6台追加 (計6台)

オプション機材にDF4台、T16台を追加しました。特に1stは凸レンズ灯体が少なかったので、T1の追加導入は利便性が大きく向上すると思います。
●照明卓:変更
旧)ETC SCENE SETTER 48
新)ADJ SCENE SETTER 48

一部フェーダーのガリなどが発生していた照明卓を入れ替えました。OEM機材の為メーカーが異なりますが、同じ機種です。
●客電用ユニット:追加
旧)LitePuter DX-1220の24ch
新)ADJ UNI-PAK IIの25ch

これまで客電は、メインユニットの24chにパッチしていましたが、メインユニットを24chフルで使用できるように、客電専用の1chユニットを導入しました。
●舞台ナカDMX回線:1ch追加
旧)なし
新)舞台ナカに5ピン(3ピン変換付)DMXを1回線敷設

この数年はLED等の機材を追加持込することが増えたため、その都度引き回す手間を減らすために、舞台ナカに5ピンのDMXケーブル1本を敷設しました。音響用の下手回路と同じ舞台ナカ柱カゲにあります。通常は3ピン機材が多いので、最初から頭に3ピン変換を刺しています。

1stの照明周りは細かいながらも大幅なパワーアップです。オプション機材の台数がさらに増え、特に凸レンズの追加は大きいと思います。さらに、近年のLED機材の持込増に対応して、一番良く使用する舞台ナカまで、DMX回線を延長敷設しました。通常は照明ユニットのアウトから直で出ています。回線を分けたい場合などは、DMXスプリッターを持ち込んで頂ければ利便性が増します。
さらに一番大きいのは、客電用に1chの別ユニットを導入したことです。これまでユニット24chのうち、どうしても1chを客電用に取られてしまっていたので、これからはフルに24ch使用できます。
1st-lkai2.jpg
照明ブースの左上に設置しました。チャンネルとしては1chですが、回路は客席前と奥に分かれているので、舞台を大きく拡張した時に前側を使用しない場合などのパッチも楽です。
1st-lkai1.jpg
通常はこのユニット専用のリモートフェーダーで調光できます。照明卓の左端にマグネットで固定しました。これによって、これまで灯り作り中に客電を薄くつけておきたいけど、そうすると打ち込みデータに入ってしまって困るという事が無くなります。(いつでも客電=作業等を着け消しできます。)
さらに卓からch25でDMXも送っているので、卓の25chフェーダーでも調光できます。つまり客電と舞台灯りが連動するような灯りの場合はDMX制御でデータを打ち込みプリセットフェーダーで触る事も出来ます。(もちろん25ch以外の任意のDMXチャンネルに変更できます。)
1st-lkai3.jpg
その上、ユニット自体にも簡易フェーダーが付いているので、必要によっては直接触ることも可能です。(ブースの席に座っていて届くように調整しました。)
総合的に、これまでのユニット24chがフルに舞台用で使用でき、客電に関して自由度が大きくなりました。この変更に付随して、客電用のフラットライトは球を300Wから200Wに変更しましたが、特に暗くなったという感じはありません。むしろこれまでの300W×4台はちょっと明る過ぎたので、落ち着いた良い感じになったかと思います。

[2nd]
●ミキサー:変更
旧)YAMAHA MGP16X
新)YAMAHA MGP16X

ONスイッチ・アウト選択スイッチなどの不調、メインアウトの接点不良などが発生していたミキサーを入れ替えました。機種そのままで新品交換となります。旧機材は一部不具合アリですが緊急時のバックアップで保管されます。
●マイクスタンド:追加
新)CLASSIC PRO MSB/BLACK (MSBB):2本

これまでマイクスタンドは計2本でしたが、2ndは有線2本、ワイヤレス2本のマイクがあるので、これにあわせてマイクスタンドを合計4本に拡張いたしました。

[1st・2nd共有]
●音響オプション機材:スピーカー追加
新)YAMAHA DXR8:2台
新)EV ZX1-90B:2台(アンプ:Co-Fusion S-3.0)

1stと2ndの共有オプション音響機材として、スピーカー2セットを追加しました。音場の拡張で出力先を増やしたい場合、もう少し音圧を稼ぎたい、サービスエリアを広くフォローしたい場合などにご利用下さい。

まずはYAMAHAのパワードスピーカー1セット(2台)を追加しました。コンパクトですがかなりパワーがあるので2ndでもメイン並みに充分に力を発揮できます。スタンド・吊りの両方に対応します。
もう一セットは、EV ZX1を1セット(2台+アンプ)追加しました。こちらもコンパクトでそこそこパワーがあるのでフォローやモニター用、1stならメインでも使えるかと思います。同じくスタンド・吊りの両方に対応します。
このスピーカー2セットは、共有オプション機材の為、先に使用希望のオーダーを出した現場に優先権があります。なおタイミングによっては、劇場関連企画である「INDEPENDENT」などに最優先で投入される場合があるため、あらかじめご了承ください。

合わせて新機材リストをご確認下さい。
1st新音響機材リスト
1st新照明機材リスト
2nd新音響機材リスト


より良い公演環境の劇場を提供するため、インディペンデントシアターでは今後も改善に努めます。
ご理解とご協力、ご利用をよろしくお願いいたします。

posted by アイウチ at 21:51| 大阪 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

IN:17出演ユニット発表5

in17-cast5.jpg


9/1(金)に初日を迎えた公演より、以下2ユニットのINDEPENDENT:17参戦を正式発表いたしました。

INDEPENDENT:17 出演ユニット発表第5弾

●青柳真優美
今年初開催となった長野県を対象とした「INDEPENDENT in 上田」から、長野の新星が大阪招聘!私小説のような語り口と凛とした立ち姿、強さとあやうさの二律背反に惹きつけられる。from長野
INDEPENDENT参戦歴:青柳(2017初)
 
●すぎうらとしはる(桜樹舎★すぎうら事務所)×佃典彦(B級遊撃隊)
年齢と経験を積み重ねた俳優にしか出せない芝居がある。岸田戯曲賞作家・佃典彦氏のユーモアにあふれながらもシニカルでブラックな物語を体現するすぎうら氏の真っ直ぐな眼差し。from名古屋
INDEPENDENT参戦歴:すぎうら・佃(2017初)

in17-logo.jpg


「INDEPENDENT:17」
[日時]11/16(木)〜19(日)
[会場]in→dependent theatre 2nd


[既発表ユニット](50音順)
●池山ユラリ(キイロノポップ)×上田ダイゴ(マーベリックコア)
●井伏銀太郎(Gin's Bar)×西澤由美子 from仙台
●西藤将人(劇団ハタチ族)×土橋淳志(A級MissingLink) from島根
●佐々木ヤス子×早川康介(劇団ガバメンツ)×福島大
●谷野まりえ(PEOPLE PURPLE)×片岡百萬両(片岡自動車工業)
●廣瀬詩映莉(ELEVEN NINES)×イトウワカナ(intro) from札幌
●福谷圭祐(匿名劇壇)
●和田雄太郎×勝山修平(彗星マジック)
[t1]●今池由佳×新井幸雨×和田雄太郎
[t2]●卯津羅亜希(劇団空組)×青木道弘(AirtistUnitイカスケ)

遂に今年の全ユニットが揃い踏み!
今年は久しぶりの招聘となる仙台、今年初参戦の長野・島根と地域から計5作品、トライアルを含めた関西勢7組が迎え撃ちます。
そして、トライアルや地域版など既に観客前での上演歴があるという視点で行くと、12組全ての作家演出家が、INDEPENDENT経験者!
特に土橋淳志・早川康介・片岡百萬両・イトウワカナ・福谷圭祐・勝山修平と2nd・3rdシーズンのセレクションに選ばれた、まさに「一人芝居の酸いも甘いも」知り尽くした作演出陣が揃って参戦という信じられない布陣。さらには名古屋=NGYからは、岸田戯曲賞作家の佃典彦氏まで参戦と天井知らず。
対する俳優陣は、INDEPENDENT初参戦のフレッシュな面子が揃い、全体的に年齢層も若返りました。
今年のINDEPENDENTは、いつにも増して通しで観ると面白い、通しで観ると凄さがさらに増して楽しめるフェスになること間違いなしです。御贔屓の俳優・作家もいるでしょうが、絶対的に1日通しをおススメ致します!
現在フライヤー製作中、配布開始をご期待下さい。
チケット発売は10月初旬を予定しています。

posted by アイウチ at 20:02| 大阪 ☁| Comment(0) | INDEPENDENT:17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする