2006年01月07日

MMSTワークショップ「言葉(テクスト)と向き合える身体とは」

 「舞台の上に立つ身体」にこだわってきたMMSTが身体訓練として取入れている鈴木メソッド。前回に引き続き今回もこの鈴木メソッドを中心とし、より実践的なWSを行います。鈴木メソッドは「足の文法」とも言われ、重心のコントロール、身体や呼吸への集中など、様々な角度から身体が検証されるメソッド。演劇に限らずバレエやダンスなど「身体をみる」ことを必要とするより多くの方々にご参加頂きたいと思います。
またこのWSは、 [ロベルト・ズッコ]出演者及びスタッフの稽古を兼ねています。
□日 時  1月12日(木)、13日(金)、19日(木) 19:30〜START
□会 場  in→dependent theatre 2nd   大阪市浪速区日本橋4-7-22
 アクセス:地下鉄堺筋線「恵美須町」駅下車1A出口から北へ約5分
□参加費 1回1000円(通し、単発共可)
□申込み w.s@mmst.netに氏名・連絡先・経歴・応募動機を記入し、送信下さい

□講師紹介/instructer profile
百瀬友秀
 演出家。Art Performing Group M.M.S.T主宰。演劇のみならずサウンド・パフォーマンスや映像インスタレーションにも取り組む。2003年より[財]静岡県舞台芸術センターにて2年間の演劇人養成プログラムに参加。
大崎美穂
 役者。M.M.S.T所属。主宰者同様2003年より(財)静岡県舞台芸術センターにて2年間のプログラムに参加。2004年以降の百瀬演出作品(舞台)に出演。

posted by 制作かさはら at 21:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 劇場企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11432940

この記事へのトラックバック

MMST report 0011
Excerpt: 18日、新宿で今年初めての百瀬氏との打ち合わせがありました。 今年のMMSTは去年よりも忙しくなります。 3月の大阪での公演に向け、稽古もあるため百瀬氏は東京と大阪を行ったり来たり。 お世話にな..
Weblog: h-m-blog
Tracked: 2006-01-20 15:17