2009年04月29日

1stの2F改装開始!

先週4/24から遂に、1stの2F改装作業を開始しました!
まずは改装開始前の空っぽを紹介。

090422-1.jpg
↑ロビーになる予定側
全面に窓があるので、天気の良い日は日当たり良好です。
明るいロビーが出来そうです。

090422-2.jpg
↑楽屋になる予定側
ロビー側の壁ギリギリから撮っているので写真で見ると異常に広いですが、実際もかなり広くなります。実は2ndの楽屋よりも広くなる?!

こうして空になってみるとやはり広いですね。夢が広がります!
実際、図面を引いてわかっていたことですが、このまま何も仕切らなければ奥行きが少し足りませんが2ndの舞台実寸がほぼ取れてしまうんですね・・・。

さて、改装工事の最初はこれまでの1F楽屋の天井に穴を開けて、2Fへの上がり口を作るところです。この作業はさすがに業者さんにお願いしました。

090423-1.jpg
↑[Before]天井に穴をあける前の天井
1stご使用の皆さんが良く見る風景ですね。

090424-1.jpg
↑開口部分を支える新しい梁
まずは、天井を補強する新しい梁が溶接されました。

090424-2.jpg
↑穴あけ作業が開始!
全面養生されているので、良く見えませんが道路工事で使うような掘削ドリルでコンクリを砕いています。物凄い音と物凄い煙です。写真では割とクリアですが、人間の目で見ると濃霧のような視界です・・・。

090424-3.jpg
↑コンクリ砕き完了!
穴は開け終わり、穴を養生して1日目の作業は終了しました。
一段くぼんでいるのがわかりますかね?

090425-1.jpg
↑二日目は穴の枠部分の整形から
前日にあけた穴の周りをキレイにします。職人の技ですね。左官も勉強してみたいですねぇ。

090425-2.jpg
↑整形終了!
左官の作業が終わって、あとは乾くのを待ち、枠を外すだけです。
当たり前ですが、1stの床が見える。何だか感動!

業者さんの作業はココまで!あとは、全て相内一人で挑みます!

090427-1.jpg
↑[After]1Fから2Fをのぞく
このように楽屋の天井に穴があきました。2Fの壁が見える〜!

ここからいよいよ僕の作業。材料を買出しに行って搬入します。
買出しはいつものホームズ。建築業者さんも愛用するこのホームセンターは建材が何でも揃います。トラックも1時間タダで借りれるので、長い材料も大丈夫。
もちろんコーナンプロもアリですが、劇場に近いですし僕はホームズ派です。
全部一人で作業するので、一度で全て買い出さず、まずは壁を起す部分で使用する材料のみ(それだけでも結構な量ですが・・・。)を購入。

090427-2.jpg
↑材料搬入開始!
4mの長い材料が必要なのですが、当然階段もエレベーターも通りません。2Fの窓から搬入しようと考えましたが、さすがに地上から2Fの窓だと今度は届きません。
でも、トラックの荷台を利用すれば、ほらこの通り!
材料を立てたあと、2Fの窓から引き上げます。
一人でやるためには色々工夫が要ります(笑)
一番大変だったのは壁になる石膏ボードの搬入。コンパネよりもはるかに重く枚数も大量。エレベーターに乗らないサイズなので階段を手運び・・・。これだけでぐったりです。

090428-1.jpg
↑こんな自転車はおかしい
2ndから工具を運びます、車を使うと往復が面倒なんでがんばって自転車で。あきらかに不自然です。職質されかねませんね・・・。

090428-2.jpg
↑材料と工具たち
材料と工具も揃って、いよいよ作業開始です。
まず最初に、2F楽屋で明かりが煌々と付いていても、穴を開けた部分から1Fに明かりが漏れないように、楽屋との仕切りの壁を造ります。

090428-3.jpg
↑壁を起す為の基礎が完成
床と梁にガイドのフレームを固定して(床と梁のコンクリにドリルで穴を開け、コンクリート用のビスを受ける部品=エビモンゴナイロンプラグを埋め込んで、ガイドをビスで打ち付けます。)高さの寸法を測り柱を切り出して立てます。
柱を押切で切断する時の火花が迫力あるんで写メしたいのですが、自分で切りながらでは撮れん!
この後、石膏ボードを打ちつけて行きます。試しに一枚打ってみたのですが、予想以上に床と梁が歪んでいて、並行を取るのがかなり大変そうです。

という感じで、4/28時点の改装状況でした。次は楽屋とロビーを分ける壁の基礎工事をして、ボードをどんどん貼っていきます。その後、楽屋の鏡前の作業に入りま〜す!
posted by アイウチ at 13:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック