2011年10月31日

ラウンドテーブル&ケーススタディ

ラウンドテーブル&ケーススタディ
「地域での小劇場ロングランをめざして」


フリンジシアタープロジェクトと小劇場演劇の制作者を支援するサイト「fringe」が、地域での小劇場ロングランをめざしてと題し、ラウンドテーブル&ケーススタディを行います。
インディペンデントシアターからも劇場プロデューサー相内が11/19のラウンドテーブルに出演します。

---------------------------------
ラウンドテーブル&ケーススタディ
「地域での小劇場ロングランをめざして」
---------------------------------

■主催:NPO法人フリンジシアタープロジェクト+fringe
■日程:11/19(土)〜11/20(日)
■会場:KAIKA/AKIKAN(京都・四条烏丸)
■料金:2日通し3,500円/1日のみ2,500円
■申込方法:下記フォームからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/43eb9841167470

■後援:NPO法人FPAP
■広報協力:righteye

■問い合わせ
NPO法人フリンジシアタープロジェクト
075-724-6502 (平日10:00〜18:00)
info@fringe-tp.net

11/19(土)14:00〜のキーノート「ロングランはなぜ必要なのか」を皮切りに、多数のプログラムがありますが、相内は以下のラウンドテーブルに出演します。

●11/19(土)16:30〜19:45
ラウンドテーブル「地域での小劇場ロングランをめざして」

●モデレーター:大橋敦史(KAIKAプロデューサー)
●パネリスト:
小原啓渡(アートコンプレックスグループ統括プロデューサー)
相内唯史(in→dependent theatre劇場プロデューサー)
井神拓也(ヨーロッパ企画制作)
高崎大志(NPO法人FPAP事務局長)
荻野達也(fringeプロデューサー)

前半は「なぜロングランが定着しないのか」、後半は「関西でロングランするための条件」を考えます。
インディペンデントシアターでも、ロングラン公演を支援するプロジェクトを過去数年に渡って実施し、その成果と反省を踏まえて、現在実施中の「CreativeBoxPlan」などが産まれました。
ご興味のある方は、是非ご参加ください。
このラウンドテーブル以外にも、たくさんの興味深いプログラムがありますので、以下で紹介します。

■プログラム

●11/19(土)

14:00〜14:45 キーノート「ロングランはなぜ必要なのか」
スピーカー:荻野達也(fringeプロデューサー)
・問題提起の基調講演。

15:00〜16:15 ケーススタディ#1「ヨーロッパ企画のたくらみ」
ゲストスピーカー:井神拓也(ヨーロッパ企画制作)
・91ステージを上演した「バック・トゥ・2000シリーズ」(2007年)の舞台裏を語ります。

16:30〜19:45 ラウンドテーブル「地域での小劇場ロングランをめざして」
モデレーター:大橋敦史(KAIKAプロデューサー)
パネリスト:
小原啓渡(アートコンプレックスグループ統括プロデューサー)
相内唯史(in→dependent theatre劇場プロデューサー)
井神拓也(ヨーロッパ企画制作)
高崎大志(NPO法人FPAP事務局長)
荻野達也(fringeプロデューサー)
・前半は「なぜロングランが定着しないのか」、後半は「関西でロングランするための条件」を考えます。

※終了後、会場にて懇親会(会費1,500円)を開催。

●11/20(日)

14:00〜15:15 ケーススタディ#2「福岡でのロングランシアター開催」
ゲストスピーカー:高崎大志(NPO法人FPAP)
・2006年、2007年、2009年の3回に渡って開催した、ぽんプラザホール「ロングランシアター」のノウハウを紹介します。

15:30〜16:45 ケーススタディ#3「劇団衛星の冒険」
スピーカー:植村純子(劇団衛星プロデューサー)+黒木陽子(劇団衛星俳優)
・『真鍮のカナリヤ』(1998年)、『総理・保科仙吉/超贋作サロメ冒涜版』(1999年)、『第五長谷ビルのコックピット』(2004年)の経験をご紹介します。

17:00〜18:00 クロスセッション「ロングランのためのミニ講座」
「ヨーロッパ企画の公演予算書」井神拓也(ヨーロッパ企画制作)
「公演日数をあと1日増やすための工夫」高崎大志(NPO法人FPAP事務局長)
「カンパニーを進化させ集客へと導く具体的な方法・特別編」荻野達也(fringeプロデューサー)
・会場内3か所でノウハウのミニ講座を同時開催。
・「ヨーロッパ企画の公演予算書」は公演予算書の持参歓迎。井神氏が分析します。
posted by アイウチ at 18:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック