2012年06月16日

1st機材変更のお知らせ

1stの音響機材及び映像機材に変更がございますのでご報告いたします。
お使いになる方はご確認ください。

[音響]
ミキサー:変更
旧)YAMAHA MG12/4FX
新)ALLEN&HEATH ZED-14

フェーダーのガリなどが発生していたミキサーを入れ替えました。新機種はストロークの長い100mmフェーダーとなり、6モノ4ステレオの14chとチャンネル数も増えました。バスはありませんが、プリとポストのAUXが4系統あるので、サブスピーカー(101MM)やエフェクターへの送りなども問題はありません。

[音響]
エフェクターー:追加
新)ZOOM RFX-2000

旧ミキサーには内蔵エフェクトがありましたが、新ミキサーには無いので外部のマルチエフェクターを導入しました。48プログラムで自由にパラメーターが組めるので、これまでよりも自由度が増しています。

[映像]
映像機材の有料オプション化
2000年の劇場オープン時に導入したプロジェクター(当時はかなり高画質高価格の機材)の老朽化が進んでいるため、機材を入れ替えます。これに付随して、劇場オープン時はもともと映画館であったという理由から標準機材に編入されていたプロジェクターを有料オプション化いたします。(標準で舞台音響照明映像及びその電気代が含まれる1stの機材費は破格すぎ、現実に即していません。)現在、機種選定中で7月中旬の導入を目標としています。
また、合わせてステージ最奥に常設されていたスクリーンを外しました。(施工済み)これで、大黒をひかずとも、むき出しの壁で舞台使用することも可能になりました。
スクリーンは同サイズ相当(120インチ)のロールアップスクリーンを導入し、プロジェクターとセットで有料オプションとして貸出いたします。
既に劇場ご予約のお客様への経過措置として、従来の機材に限り2012年12月31日までは、従来通り無償提供いたしますが、サポート対象外となります。ご了承くださいませ。

新機材リストをご確認ください。

より良い劇場での公演環境を提供するため、インディペンデントシアターでは今後も改善に努めます。
ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

posted by アイウチ at 00:40| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック