2018年12月30日

新1st杮落しシリーズ[公募]

新1st杮落しシリーズ

[ごあいさつ]
弊社、有限会社ジャングルは、2000年10月より大阪日本橋5丁目にて、インディペンデントシアター1stを運営して参りましたが、先日発表させて頂きました通り、初代1stを2018年12月25日をもって閉館し、日本橋3丁目に新築移転にて新インディペンデントシアター1stを建設中です。
多くの観客と創り手の皆様に愛された初代インディペンデントシアター1stの歴史と空気感そして基本的な劇場スペックを引き継ぎ、さらにパワーアップした「ファースト(最初の)ステップの劇場なのにファースト(最上位)クラスの劇場」を目指して、現在最終の詰めを行っています。
4月末の竣工を予定しており、5月は行政機関の各種検査等と機材等のセットアップを行い、6月正式オープンとなっております。

嬉しい事に、新1stの新築移転発表時から、たくさんの方に「杮落しはどこがやるのか?」「是非杮落しに参加したい」との声を頂きました。
先日、初代1st最終イベント「Pとあなたと1stで」の最終枠「新しい1stの話を!」にて発表させて頂きました通り、杮落しは6月の1か月間を「新1st杮落しシリーズ」として公募から選考し、意欲ある劇団・創り手のみなさまに最初に新1stを使って頂きたいと考えています。(2004年、現2ndのオープン時も、杮落しシリーズの作品は公募にて決定しました。)
また「新1stの杮落しに参加したいがスケジュール的に長篇の上演はできない」という声にお応えし、6月より新1stで再開する劇場企画「火曜日のゲキジョウ」の6月分も杮落しシリーズの参加公演とし、通常の応募順では無く杮落し選考の対象とします。

インディペンデントシアターはそのスタートから、ジャンルやカテゴリー、経験や活動歴などで区切るのではなく、フラットにより多くの自立した意欲ある創り手に劇場を最高の創造空間として活用して欲しいと考えてきました。また観客の皆さまには、劇場でしか得る事の出来ない豊かな時間を味わって欲しいと熱望しています。
劇場からの指名では無く、自らの意志で新しい1stにいち早く立ちたいと挑む皆様と、新しい1stのスタートを切りたいと思っています。
たくさんの挑戦をお待ちしています!

インディペンデントシアター劇場プロデューサー:相内唯史


[概要]
企画名:新1st柿落としシリーズ
主催:インディペンデントシアター 及び 各参加団体
会場:in→dependent theatre 1st
    (大阪市浪速区日本橋3丁目)
日程:2018年5月30日(木)〜6月30日(日)
     ※ただし公演は6/1以降
上演数:通常公演4作品(予定)
    火曜日のゲキジョウ30×30、3週6枠(予定)


[応募要項]
■ 会場 ■
in→dependent theatre 1st(大阪市浪速区日本橋3丁目)
■ 日程 ■
2018年5月30日(木)〜6月30日(日) ※ただし公演は6/1以降
■ 上演作品 ■
・通常公演4作品(予定)
・火曜日のゲキジョウ30×30(30分短編)、3週6枠(予定)
■ 応募条件 ■
(1)継続的に運営されている劇団又は舞台プロデュース集団であること。(この公演限りのユニットは認めない)
(2)活動年数や表現ジャンル及び過去の1st使用歴は不問とします。
(3)主たる活動地域は問いません。(京阪神圏外からの参加も歓迎します。)
(4)3月末までに、上演作品の概要・基本公演情報を提出できること。
(5)使用日数や日程は自由にご希望頂けますが、仕込みを含め最大10日間までの使用に限らせて頂きます。また使用日数は応募の状況によりご相談の上調整させて頂く可能性がございます。
(6)万全の準備で臨みますが、新劇場につき、運用開始時点の不具合や問題点が発生する可能性があります。劇場側も最大限のバックアップ体制を取りますので、参加団体側でも対応できる技術力や柔軟性を担保して下さい。
■ 参加費用 ■
初代インディペンデントシアター1stの使用料金(総額)をお支払い頂きます。
新1stは、初代1stの劇場使用料から約10%アップとなりますが、杮落しシリーズの参加公演は、旧料金のままお使い頂けます。(火曜日のゲキジョウ参加も据え置き) さらに、管理人件費は頂きません。劇場使用料+付帯設備費(音響・照明・舞台)+オプション機材使用料(使用した場合のみ)のみ計上されます。※参加費は、公演終了時に精算いたします。(後納)
■ 票券管理 ■
チケット・入場料等は、団体で設定し劇場と相談の上確定。団体でチケットを販売・管理していただきます。ただし劇場のWebサイトや劇場電話予約を通じて販売にご協力は可能です。(無償)
■ 劇場招待枠 ■
劇場柿落としとなりますので、各ステージ2名までの劇場招待枠を確保頂きます。2名を越える劇場招待のお客様のご入場分に関しては、劇場が入場料をお支払いいたします。(参加費から相殺)
■ 特典 ■
(1)割引の劇場使用料(旧価格及び管理人件費免除)
(2)柿落としシリーズの公演情報をまとめ、新劇場を紹介した共通チラシを作成。4月中旬より約2万部を挟み込み等で配布予定。
(3)メディア等への一括した情宣活動。
(4)京阪神圏外の劇団が参加される場合は、劇場施設を使用して宿泊をサポート。
(5)その他、希望される特典・制作サポート等がございましたら、ご相談の上、可能な限り実施します。
■ 確認事項 ■
新1stの基本的なスペックは初代1stに準じます。(最大客席数以外はほぼ全ての面で初代1stよりもグレードアップします。)今後順次発表される新1stの情報をご確認下さい。初代1stのスペックを大幅に超える内容や特殊な演出・使用法などを想定する場合は応募前にあらかじめご相談下さい。

[選考基準/スケジュール]
応募団体から、劇場プロデュースチームが選考し結果を通知・公表いたします。
選考基準は公表いたしませんが、若手・ベテランや知名度・動員数、過去の1st使用歴や活動地域などによっては区別いたしません。ポイントは「新しい1stのスタートと過去の1stの歴史」「団体の現時点の活動と、今後の展望や目標」という点にあることだけお伝えいたします。応募書類には、創り手の想いや志が伝わるように書いていただけると嬉しいです。

選考は下記のスケジュールにて実施し、選考結果を通知・公表いたします。
1月31日(木):応募書類〆切
2月8日(金):選考結果公表(予定) 応募団体への通知はそれ以前に行います。
2月中旬:参加団体と個別に打ち合わせ、以降公演準備

[応募方法]
(1)1/20(日)24:00までに、応募予定である旨を下記の手順で事前にご通知下さい。通知なく応募された場合は無効といたします。
info@itheatre.jp宛てに件名を「新1st杮落しエントリー」とし、(a)団体名 (b)脚本演出担当者 (c)連絡担当者及び携帯番号 (d)第一希望の日程 を明記の上送信して下さい。
・劇場プロデュースチームから、エントリー受付の返信をお送りします。24時間たっても届かない場合はお問い合わせ下さい。
(2)応募書類を1/31(木)必着で送付。
下記より、ダウンロードできるPDF形式の書類に必要事項を記入して、資料等を添え劇場事務所(現2nd)まで郵送するか、事前にアポイントを取った上でご持参してください。応募の締め切りは1月31日(木)必着です。
なお、新劇場に関しては今後、劇場公式ブログにて順次資料を追加していきますので、こまめに確認いただけると幸いです。

●応募用紙−通常公演
●応募用紙−火曜日のゲキジョウ


[お問い合わせ]
ご不明の点は、遠慮なくお問い合わせください。
インディペンデントシアター 劇場事務所
〒556-0005
大阪市浪速区日本橋4丁目7-22インディペンデントシアター2nd2F
TEL 06-6635-1777
info@itheatre.jp
担当:劇場プロデューサー・相内(アイウチ)

posted by アイウチ at 21:20| 大阪 ☀| Comment(0) | 劇場企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: