2018年12月30日

「新しい1stの話を!」レポート

初代1st最終イベント「Pとあなたと1stで」
最終枠「新しい1stの話を!」レポート


2018年12/13〜15に開催いたしました、初代1st最終イベントの最終枠において「新しい1stの話を!」と題しまして、新1stに関しての最新情報をご報告し、サプライズも含めた発表を行いましたので、こちらのレポートを掲載いたします。

最初に、この場をお借りいたしまして、最終イベントにご出演頂きました多数のゲストの皆様、ご来場頂きました観客並びに関係者の皆様に深く感謝申し上げます。本当に楽しい三日間でした!

なお、この基調講演wwの模様は、録画されておりましたので、一部オフレコトーク部分を編集カットし、掲載いたします。かなりの長尺になりますが、会場の盛り上がりが垣間見えますので、興味のある方は是非ご覧ください。
少々音声の同期が狂っていますがご愛嬌。



「新しい1stの話を!」はまず今回のイベントのタイトルの由来からスタート。画像は当日のスライドです。

PTA-1215.001.jpeg

「Pとあなたと1stで=PTA」は、劇場プロデューサー:アイウチPの敬愛するPerfumeの公式ファンクラブ「P.T.A.=Perfumeとあなた」を元ネタとして、そのリスペクトを、アイウチPから観客・関係者の皆さまへの感謝の気持ち、お客様の初代1stへの想いと重ね合わせて考案しオマージュを捧げたものだったのですww 引っ越し途中の架空の1stの応接室をイメージした舞台上のセットの一角にもPerfumeのCDジャケットが見えていました。

PTA-1215.002.jpeg

さて、基調講演はいよいよ本題へ

PTA-1215.004.jpeg

新1stの話の前に、まずは本日が最期となる初代1stの歴史を簡単に振り返りました。

PTA-1215.005.jpeg

そして、初代1stがどんな劇場かの概要

PTA-1215.006.jpeg

初代1stで開催された、劇場主催企画を紹介。まずはその先駆けとなり今は2ndや全国展開をしている最強の一人芝居フェス「INDEPENDENT」。元々は劇場プロデュース作品の第一弾として2001年11月に初代1stで開催されたのが最初でした。

PTA-1215.007.jpeg

続いて#2「cafe independent」。これは劇場シャッターを開放しその内側に舞台美術でショーウィンドウを設け、劇場内空間全てがオシャレカフェとなり、実際にカフェ営業されている中で芝居が展開する作品。客席と舞台の垣根を取り払い、劇場の外と中を繋げる企画でした。イベント内のトークでもしばしば話題になっていましたが、当時まだカフェ公演という概念が関西では無いタイミングだったため、非常に斬新に見えていたとの事です。

PTA-1215.008.jpeg

次は#5「極〜KIWAMI〜」。これは劇場空間全てが舞台美術によって武家屋敷風の和室に変貌し、中央の10畳間を舞台とし、それを挟む2部屋の10畳間が2面客席となり、その両サイドの廊下が俳優の当退場口となるプランの作品。9劇団3企画39日間60ステージ休演日無しのロングランという規模も話題となりました。イベントトーク中では、この公演で初めて1stに来場したというゲストや観客も沢山いました。

PTA-1215.009.jpeg

1stに限らず、劇場のコンセプトを改めて紹介。新1stも基本この方針に従って設計運用されていきます。

PTA-1215.010.jpeg

いよいよ、メインディッシュである「新しい1stの話」へ

PTA-1215.013.jpeg

まずは場所から。初代1stと2ndの位置関係。約300mの距離です。

PTA-1215.014.jpeg

そして新しい1stはココ!日本橋3丁目です。

PTA-1215.015.jpeg

数年前に建ったホテルヒラリーズの裏。大阪の人は良く知るなんば高島屋別館の南。親会社であるジャングルの本店に近く、道路を挟んで公園もあります。

PTA-1215.016.jpeg

最寄駅からの距離感で言うと、初代1stが最も近かった恵美須町駅から約500m、中間点が2ndになります。そして新たに近くなったのは南海なんば駅が約450m。隣接する地下鉄御堂筋線なんば駅からも500m弱かと思います。そして日本橋駅からは約600mと3駅からほぼ均等な距離になりました。1stと2nd間はさらに近くなりました。多少距離はありますが、ご近所の劇場としては應典院さんやウイングフィールドさんが徒歩圏内かと思います。
アイウチPが最も心配していたのが、この駅からの距離でした。何せ初代1stは恵美須町駅ホームの真上にある感じでしたから…。ですが観客や関係者の反応を見る限り、全然アリの様子。安心しました。

PTA-1215.017.jpeg

続いて、現在の工事現場の様子です。12/29現在はさらに進行していますが、基礎部分の工事が現在進行中。1月中旬から躯体の建設に入る予定です。

PTA-1215.018.jpeg

続いて、いよいよ新1stの姿が明らかに!1F劇場区画部分の建設図面です。舞台・客席ともに間口が広くなり、エントランス部分にトイレが設置されているのが分かります。トークイベントの中でもトイレがもっとあれば、本番中でも使えれば、と散々話題になったため、ここで観客から喝采が起こりますww

PTA-1215.019.jpeg

次は2F部分、初代1stと同じ構造で2Fにロビーと楽屋があります。ロビーはこれまでより少し狭くなりますが(といっても日本中のキャパ100以下の劇場では最大級の広さかと思います。)トイレが2室設置され、開場時間前でもトイレを使う事ができ、1Fトイレの混雑時には2Fも使う事ができるようになります。さらに楽屋にもトイレを設置!本番中は排水音の関係で使用できない可能性もありますが、利便性が圧倒的にあがります。このトイレの話題で再び喝采がww

PTA-1215.020.jpeg

さらに、観客は基本的に出入りしない区画になりますが、3Fの劇場事務所と稽古場兼倉庫も公開。なんと稽古場内にもトイレがww 稽古場は新1stを常設舞台で使用した場合の実寸が取れるサイズです。初代1stよりは簡易になりますが、キッチンも設置されているので、これまで通り公演時の炊き出しなどでも使用可能です。

PTA-1215.021.jpeg

では、外観はどのようになっているのでしょうか?これが劇場エントランスの有る側(西側)と劇場側面となる北側からみた立面図です。劇場区画を少しでも広く取るために2Fへの導線が建物の外階段となっています。横からみると客席側面の搬入シャッターも確認できますね。

PTA-1215.022.jpeg

建築図面だと少しわかりにくいので、相内Pが建設業者に指示を出すために引いた設計段階の図面で確認。イメージが湧いたでしょうか?

PTA-1215.023.jpeg

サイズ感を確認するために、ここに初代1stの図面を重ねてみます。建物としての間口は大体一緒で、奥行きが少し狭くなっている感じです。間口が広まった分に合わせて舞台と客席の間口を広げ、建物内から階段を外へ押し出す事で、奥行きが狭くなった分を補おうという工夫の設計です。

PTA-1215.024.jpeg

同じく、その2Fバージョン。家具等のレイアウトは仮ですが、おおよそ初代1stと同じ設備は入り、トイレが設置された分だけ少しだけ狭くなる印象です。

PTA-1215.025.jpeg

それでは、これまで図面で明らかになった部分に加え、新1stの改善点を列挙していきます。
まずは先ほどから喝采を浴びているトイレ。合計6か所となりこれまでの2か所から300%アップ!さらにウォシュレット完備!1Fエントランスの1つは車椅子対応の少し大きなサイズを予定しています。
次に、トークイベントでも何度も話題になった老朽化で音のうるさいエアコン。新品なので静かで良く効き、体感イメージとしては400%アップww
常設舞台の広さは約180%アップ!さらに袖の広さや位置を自由に設定できるため自由度が増しています。
バトン・及び天井の高さもアップします。しかし火曜日のゲキジョウに代表されるようなノリウチの公演などシンプルに使う場合や、学生劇団など技術力に不安のある団体も使用しやすいように、脚立で充分作業できる高さまでにあえて抑えています。バトンまで3500mm予定で140%アップ!

PTA-1215.026.jpeg

続いてこちらもトークイベントで何度も話題になった、照明専用電源の不足。機材数の多いエンタメ作品などでは、リハーサル中や時には本番にも照明さんがブレーカーを落とす様子が見られました。初代1stは既に建物全体の電源容量の最大まで使い切っていたため増設できませんでしたが、今回の新築では計画的に照明専用電源を確保し約300%アップ予定。空間の広さを考えればオーバースペックな位です。
照明機材は、新築とはいえ全て新品にするような予算は無いため、従来の機材がそのまま引き継がれますが、新しい機材も買い足され、標準機材・オプション機材を合わせて約50%ほど機材が増えます。
音響は、新築である程度の防音を最初から見越しているので、これまでよりも出力の大きなメインスピーカーにアップグレードを予定しています。出力W数の目安で約300%アップ!
照明DMX回線や音響回線、LED機材などの平行電源を含め、各種回線を使用しやすいバトン上に既設し、これまで都度回線を引く必要があったことから考えると約200%の利便性アップ!
さらに、既存施設ではなく新築なので、当初からコンセント位置などを使用しやすい位置に設置し、容量のバランスなども図れるため使い勝手の面で約200%アップ!

PTA-1215.028.jpeg

このように、多数の大幅な改善をおこなった上で、その劇場費は初代1stの10%アップに抑え込みました!しかも実際には、2019年10月の消費税増税時にそれを含んだ形での10%アップのため、実質的には8%アップ!これが企業努力です!!

PTA-1215.030.jpeg

2019年7月以降のご予約は今すぐ可能です!劇場仕様が確定する前から既に10件弱のご予約を頂いています。
ですが、新1stのオープンは6月と既に発表されています…

PTA-1215.033.jpeg

2019年6月の1か月間は、「新1st杮落としシリーズ」を開催いたします。ラインナップは公募から選考して決定します。
12/29に応募要項を発表し、2019年1月末が締切となります。年末年始の間に計画を練って是非杮落しにチャレンジして下さい。

PTA-1215.034.jpeg

以上「新しい1stの話を」でした…。と基調講演を締めようとするアイウチP…。

PTA-1215.035.jpeg

「忘れていました…。もう一つ発表しなくてはいけない事がありました。」画面にはあの「One more thing...」の文字が!笑いに包まれる客席!
そう、これまでの中身はもちろん本物ですが、アイウチPなりのジョブズのキーノートスピーチへのオマージュだったのですww タートルネックもKeynoteの壁紙も!

PTA-1215.036.jpeg

我々は、1st以外にもう1劇場、2ndも運営しています。映し出される2ndの概要。

PTA-1215.037.jpeg

残念ですが、2ndは2020年7月に、契約満了で閉館します。これは、もともと2004年のオープン時から決まっていた事でした。残り1年半是非今の2ndを使い倒して欲しいと思います。客席からはどよめきが…。しかし次の瞬間!

PTA-1215.039.jpeg

映し出される「2020年新築移転オープン」の文字!溜息から一転、歓声が上がる客席ww 今回の1st移転の為に検討していた物件と新1stの新築決定後に話がまとまり、既にその土地を取得。もちろん日本橋エリアです。新1stの工事の進捗と共に、新2ndの設計が間も無く開始されます。

PTA-1215.041.jpeg

客席の興奮冷めやらぬ中、基調講演はこれにて終了。日本で一番アグレッシブな劇場のさらなる挑戦にご期待下さい!

この基調講演後、トークイベントの中身で話題になっていた、袖楽屋の急な階段や、観客から見えないので塗る必要が無いと判断された、天井梁の塗り残し、お客様はほぼ見た事の無い4Fの小スタジオ(一人芝居の稽古や読みあわせ、打合せなどに使われていた空間)、などをお客様たちに関係者がご案内し、それぞれが初代1stとのお別れを惜しんで全イベント終了となりました。

以上、長文となりましたが「新しい1stの話を!」レポートでした。
ネタっぽく書いていますが、この基調講演及びレポートの内容は全て事実です。

posted by アイウチ at 18:48| 大阪 ☀| Comment(0) | 劇場企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: